10月1日は日本酒の日です!

10月1日は、「日本酒の日」と定められています。昭和53年に日本酒造組合中央会が設定いたしました。酒という字は、サンズイ「氵」と、とり「酉」により成りたっています。酉は、十二支のうち10番目にあたり、酒壺を表す象形文字で、10月は「酒の月」といわれてました。明治に入り、酒税法が、制定され、昭和40年まで、10月から翌年9月までを酒造年度としていました。蔵元ではこの日を「酒造元旦」として祝っていました。10月は、収穫された新米を使って新酒が醸造される時期です。また寒造りした酒は、半年以上貯蔵して飲みごろに熟成させ、「冷やおろし」として出荷されています。程よく熟成した香味を楽しむ秋の酒、日本酒の日にぜひお楽しみいただきたいです。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply