H29酒造年度 ~承久の宴~

こんにちは。蔵人ブログです。

海士町から「水」が届きました。    「隠岐誉 承久の宴」を仕込むための「水」です。「承久の宴」は海士町産の酒米(改良雄町)を使用しており、仕込水は海士天川の水です。ここ最近天候が荒れており、雪も積り、心配でしたが、海士町様のご協力のおかげで、無事「水」が届きました。上はタンクローリーからタンクへ水を移しております。

本日は「承久の宴」の添仕込みの日です(3段仕込みの1回目)。まずは酒母と添麹と「水」で水麹を作っておき、そこに蒸米を投入します。ちなみに、この仕込みは海士町から蔵人として来ていただいておりますOさんにやっていただきました。さすがに気合いが入っております。仕込み後3時間たつとこのような状態になっております。

この後、2日後に仲仕込み、3日後に留仕込みを経て、「承久の宴」の醪の仕込みが完了します。この後の醪の経過は随時お伝えしたいと思います。

それでは!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply